フィールドノート1604

昨日、本日とマイフィールドでタカ渡りの自主調査をしてきました。此の所悪天候が続いていたため、さぞや渡るだろうと予想して臨みましたが、結果は昨日は意外にも不発、しかし本日は気を取り直して昨日は別のポイントへ向かったところ、期待通りに4桁のタカの渡りを堪能する事ができました。特に午後からはほとんど切れる事なく渡りが続き、大きな鷹柱を何度も観察出来ました。久しぶりに良い成果をあげる事が出来たと思います。

サシバ群
サシバ群
サシバ 成鳥
サシバ 成鳥
サシバ 成鳥
サシバ 成鳥
ハチクマ 雌成鳥
ハチクマ 雌成鳥
サシバ群
サシバ群
サシバ 成鳥
サシバ 成鳥
サシバ 幼鳥
サシバ 幼鳥
ハチクマ 雌成鳥
ハチクマ 雌成鳥

0 コメント

フィールドノート1603

昨日、今日とマイフィールドのサシバの営巣状況を見に行ってきました。今年は新たに3つがいの営巣地を特定、無事雛を確認する事が出来ました。今年で、マイフィールド(湖北地方)では二桁の営巣地を把握する事が出来ました。こちらの近年の傾向としましては、架巣木にスギを利用するケースが非常に多くなり、年々観察の難易度が上がっています。今回新たに確認した3巣もスギでしたが、その内の1巣は周辺から巣の確認が全く出来ない状況でした。

サシバ 雛
サシバ 雛
サシバ 雛
サシバ 雛

0 コメント

フィールドノート1602

 ご無沙汰しております。本日希少動植物調査でマイフィールドを歩いてきました。夏鳥を探して登山道へ続く林道を歩いていたところ、ツキノワグマと遭遇しました。遭遇と言いましても十分に安全の確保出来る谷向こうの斜面にいましたので、ちょっと観察。しばらく採餌している様子でしたが、こちらに気付いたようでゆっくりと動き出し、林の中に消えて行きました。取り敢えず何かあってはいけないので、観察を切り上げて下山、その途中でニホンジカが行く手を阻んでいました(笑)。ツキノワグマは今まで観察した中では最も近い距離でした。

 午後は猛禽類の繁殖状況を見て回りましたが、ミサゴもサシバも順調の様子でした。

 

ツキノワグマ
ツキノワグマ
ニホンジカ
ニホンジカ
ツキノワグマ
ツキノワグマ
ミサゴ
ミサゴ

0 コメント

フィールドノート1601

みなさま、明けましておめでとうごさいます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、本日は毎年恒例?の琵琶湖ガンカモ調査を一足早く実施してきました。私の担当するエリアは自宅付近で、そこそこ多く種類のカモが見られる面白い区間ですが、今年はマガンを観察する事ができました。昨年生まれの個体のようですが、仲間とはぐれてしまったのでしょうかね。少し寂しげな感じにも見えましたが、ヒドリガモの群れに混ざって元気に採餌していました。

マガン
マガン
マガンとヒドリガモ
マガンとヒドリガモ

0 コメント

フィールドノート1512

本日は県の希少野生動植物調査で湖北の山へ出かけました。期待した大型猛禽類に出会うことは出来ませんでしたが、ハイタカの渡を観察することができました。お昼を挟んで3時間ほどの間に15羽程が渡たって行きました。面白かったのはそのほとんどが東向きだった事、湖北地域ではハイタカは朝鮮半島経由で渡っているようですね。

ハイタカ 成鳥
ハイタカ 成鳥
ハイタカ 成鳥
ハイタカ 成鳥

ハイタカ ♂成鳥
ハイタカ ♂成鳥
ハイタカ 幼鳥
ハイタカ 幼鳥

0 コメント

フィールドノート1511

散歩がてら少々久しぶりにいつもの川の河口に行ったところ、フラッグ付きのハマシギを観察しました。

左足関節下に金属リング、右足関節上に黒旗、関節下に黄旗 という個体でした。山階鳥類研究所のHPでチェックしましたところ、パターンとしてカムチャッカで標識された個体のようですが、リングやフラッグの装着位置が微妙に異なります。標識年度によって位置を変えたりしているのでしょうかね?

また、金属リングのNoが部分的に読み取れましたが、上は「Fから始まって36225」下は「Nから始まってOSX(K?)V」と部分的に読み取れます。

また、この個体第一回冬なので、今年標識されたのでしょうね。取り敢えず、鳥研には報告済みです。

ハマシギ 1W
ハマシギ 1W
ハマシギ 1W
ハマシギ 1W
リングNo,上362、下OSX(K)?
リングNo,上362、下OSX(K)?
上F、下N?
上F、下N?
ハマシギ 1W
ハマシギ 1W
ハマシギ 1W
ハマシギ 1W
上25、下V?
上25、下V?
上22、下X(K)V?
上22、下X(K)V?

0 コメント

フィールドノート1510

タカ渡りの観察にフィールドへ出ました。今季も少しタイミングを逸してしまったようですが、午前中は小さい群れながら渡りを感じられる場面がありました。しかしながら、午後は風が強くなった事もあり、やや寂しい結果となりました。それでも色々な鳥を観察する事が出来、渡りの雰囲気を十分に味わった1日でした。

ノスリ
ノスリ
ハチクマ ♂成
ハチクマ ♂成
ハチクマ juv
ハチクマ juv
クマタカ 若
クマタカ 若
サシバ Juv
サシバ Juv
ハチクマ ♀成
ハチクマ ♀成
クマタカ 若
クマタカ 若
クマタカ 成
クマタカ 成

0 コメント

フィールドノート1509

昨日と本日ちょっと時間があったので、フィールドに出てきました。風雨の中でしたが、セグロアジサシ幼2、クロハラアジサシ1、コアジサシ100+、などが観察できました。セグロアジサシは県内では3〜4例目の記録と思います。私は2011年9月にも一度観察していますが、今回はその時よりもちょっとまともな証拠画像が撮れました。

セグロアジサシ 幼鳥
セグロアジサシ 幼鳥
セグロアジサシ 幼鳥
セグロアジサシ 幼鳥
クロハラアジサシ 夏羽
クロハラアジサシ 夏羽
コアジサシ
コアジサシ
ウミネコ
ウミネコ
セグロアジサシ 幼鳥
セグロアジサシ 幼鳥
セグロアジサシ 幼鳥
セグロアジサシ 幼鳥
クロハラアジサシ 夏羽
クロハラアジサシ 夏羽
ユリカモメ
ユリカモメ
コサギとササゴイ
コサギとササゴイ

0 コメント

フィールドノート1508

今日は、なかなか行けなかったアカガシラサギのその後を確認に行きました。結果アカガシラはすでに居なくなっているようでしたが、代わりにカラシラサギが2羽もいました。カラシラは実に久しぶりに観察しましたので、最初識別に自信が持てず(笑)、かなりじっくり詳細に観察してしまいました。

カラシラサギ
カラシラサギ
カラシラサギ
カラシラサギ

カラシラサギ
カラシラサギ
カラシラサギ
カラシラサギ

カラシラサギとダイサギ
カラシラサギとダイサギ
カラシラサギ
カラシラサギ

0 コメント

フィールドノート1507

 

本日、久しぶりにマイフィールドを巡ってきましたが、思い掛けずアカガシラサギを発見、全くの想定外でしたので慌ててしまいましたが、何とか証拠画像は抑える事が出来ました。

アカガシラサギ夏羽
アカガシラサギ夏羽
アカガシラサギ夏羽
アカガシラサギ夏羽

0 コメント

フィールドノート1506

希少種調査を兼ねてシギ・チドリ類を観察してきました。チュウシャク、ムナグロはそこそこの群れが飛来していますが、その他は種類個体数共に少々寂しい感じがしました。



ハマシギ
ハマシギ
タカブシギ
タカブシギ
アオアシシギ
アオアシシギ
タシギ
タシギ
ムナグロ
ムナグロ
トウネン
トウネン
チュウシャクシギ
チュウシャクシギ

0 コメント

フィールドノート1505

調査の帰り道に田んぼをウロウロしましたが、今年もセイタカシギが2羽飛来していました。最近はマイフィールドでも毎年のように観察されるようになりましたが、いつ見ても美しい鳥です。今日も夕暮れまで戯れる2羽の姿に見とれていました。

セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ

11 コメント

フィールドノート1504

マイフィールドのサシバを見てきました。今季一発目の観察でしたが、何処のつがいも順調に定着している様子で、これからの繁殖シーズンが楽しみです。午後はシギ・チドリ類を探して水田へ車を走らせました。ムナグロ100程の群れの中にエリマキシギを発見、マイフィールドでの観察は久しぶりで、春に見るのは初めてかも知れません。

サシバ ♂成
サシバ ♂成
サシバ ♂成
サシバ ♂成

エリマキシギ
エリマキシギ
チュウシャクシギ
チュウシャクシギ
エリマキシギ
エリマキシギ
ムナグロ
ムナグロ

0 コメント

フィールドノート1503

今日は近所でヒレンジャクを目撃、自宅近くで群れを見るのは久しぶりです。ヤドリギの実を食べたり、水浴びする姿をのんびり観察してきました。

ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク

0 コメント

フィールドノート1502

本日はデスクワークを抜け出して昨年確認したサシバの巣の状態を見てきました。その帰り道、ちょっと寄り道したところオオタカ幼鳥の止まりを発見。大きくて白っぽく大陸産の雰囲気のある個体でした。また、田んぼの道路脇で採餌しているムクドリの群れにホシムクドリが4羽ほどいました。自宅近くでも色々な鳥たちと出会えるのは嬉しいものです。

オオタカ幼鳥
オオタカ幼鳥
オオタカ幼鳥
オオタカ幼鳥
ミコアイサ♀
ミコアイサ♀
オオタカ幼鳥
オオタカ幼鳥
ホオジロガモ♀
ホオジロガモ♀
ホシムクドリ
ホシムクドリ

0 コメント

フィールドノート1501

みなさま、遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。本年も当サイト及びブログをよろしくお願いいたします。

さて、4日に今年の仕事?始めとしまして琵琶湖岸の水鳥調査を前倒しで実施してきました。当日は冬型の大荒れの天候もひと段落し、湖面は鏡のように穏やかでのんびり調査できました。ミミカイツブリやオオセグロカモメなど琵琶湖的希少種?を観察できたのは嬉しかったですが、以前のような大きいカモの群れが見られなくなったのは少し残念な気がします。

穏やかな1日、調査の合間に小鳥たちと戯れてきました。

イソヒヨドリ ♂
イソヒヨドリ ♂
イソヒヨドリ ♂
イソヒヨドリ ♂

イカル
イカル
イカル
イカル


0 コメント

フィールドノート1411

調査業務の帰り道にマイフィールドでコチョウゲンボウ♂成を発見。至近距離で観察出来たのは嬉しかったのですが、見つけるときはいつも電線に止まっているばかりでこんな画像しか撮れません。この鳥には縁がないですね〜。

コチョウゲンボウ ♂成
コチョウゲンボウ ♂成
コチョウゲンボウ ♂成
コチョウゲンボウ ♂成


0 コメント

フィールドノート1410

フィールドを巡ってきましたが、越冬の猛禽類が目立ち始めてきました。当地では相変わらずノスリの個体数は多く、いろいろなバリエーションを楽しんできました。

ノスリ
ノスリ
ノスリ
ノスリ

ノスリ
ノスリ
ノスリ
ノスリ

ハヤブサ
ハヤブサ
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ

0 コメント

フィールドノート 1409

渡りのピークは過ぎてしまったようですが、本日タカ渡りを観察にマイフィールドへ出かけました。数は少ないながらも今季初のタカ渡りを楽しむ事が出来て、充実した一日でした。

サシバ Ad
サシバ Ad
ハチクマ ♀ Ad
ハチクマ ♀ Ad

サシバ Juv
サシバ Juv
サシバ Juv
サシバ Juv

0 コメント

フィールドノート1408

 今年も近所の川の河口にハジロクロハラアジサシが2羽飛来していました。湖面をフワフワと飛んで魚でも狙っているのかと思いきや、トンボを捕食していました。一方アジサシはというと、飲み込めない程大きなアユを捕らえて四苦八苦しておりました。

気がつくと湖面にはアジサシやユリカモメの群れやハジロカイツブリなど、林ではセンダイムシクイやアカゲラの姿まで見られて鳥達の移動はもう本番なのだと実感してきました。

ハジロクロハラアジサシ
ハジロクロハラアジサシ
ハジロクロハラアジサシ(トンボを捕食)
ハジロクロハラアジサシ(トンボを捕食)

アジサシ(アユを捕食)
アジサシ(アユを捕食)
ユリカモメ
ユリカモメ

ミサゴ(♀幼鳥)
ミサゴ(♀幼鳥)
センダイムシクイ
センダイムシクイ

0 コメント

フィールドノート 1407

滋賀県希少野生動植物種調査で市内へのフィールドへ出かけました。繁殖地から少し離れた谷間で巣立ったサシバの兄弟を確認しました。今年も無事幼鳥の姿を確認出来て一安心です。

サシバ(幼鳥)
サシバ(幼鳥)
サシバ(幼鳥)
サシバ(幼鳥)

サシバ(幼鳥)
サシバ(幼鳥)
サシバ(幼鳥)
サシバ(幼鳥)

0 コメント

フィールドノート1406

マイフィールドの猛禽類の繁殖状況の確認に行ってきました。今年も業務が忙しい関係で一度も見に行けてなかったのですが、サシバ3カ所のうち2カ所では順調で、巣立ち間近いヒナを確認出来ました。ただ、1カ所ではヒナの羽が散乱しており巣にヒナは無し、おそらくオオタカかクマタカにでも捕食されてしまったのでしょう。その他、県内では数少ないミサゴの営巣地では4羽の巣立ち間近の個体を確認、極めて順調そうでした。

サシバ(♂成)
サシバ(♂成)
ミサゴ(巣と幼鳥)
ミサゴ(巣と幼鳥)

サシバ(巣とヒナ)
サシバ(巣とヒナ)
サシバ(巣とヒナ)
サシバ(巣とヒナ)

2 コメント

フィールドノート1405

すっかり春めいたフィールドを散歩してきました。夏鳥には出会えませんでしたが、移動途中の冬鳥達などで、賑やかなマイフィールドでした。

アカハラ
アカハラ
ヒレンジャク
ヒレンジャク

オオジュリン
オオジュリン
カワラヒワ
カワラヒワ

0 コメント

フィールドノート1404

今日は仕事の帰りに自宅のすぐ近くでハヤブサを見つけ、撮影しようと思い近づきました。あまり警戒心は無い様子で、一見したところ昨年生まれの若鳥という印象でしたが、顔はヘルメットをかぶったような頭巾顔で、胸から腹の幼羽は暗色斑の幅や大きさが非常に大きく、体も非常に大きく感じました。

おそらく日本には冬季まれに飛来する亜種、オオハヤブサの若鳥と思われます。

 

自宅からすぐ近くのところでこんな個体が観察できて嬉しい一日となりました。夕暮れ時に暗くなるまでしばし見入ってしまいました。

(オオ)ハヤブサ 若
(オオ)ハヤブサ 若
(オオ)ハヤブサ 若
(オオ)ハヤブサ 若

(オオ)ハヤブサ 若
(オオ)ハヤブサ 若
(オオ)ハヤブサ 若
(オオ)ハヤブサ 若

(オオ)ハヤブサ 若
(オオ)ハヤブサ 若
(オオ)ハヤブサ 若
(オオ)ハヤブサ 若

12 コメント

フィールドノート1403

少しご無沙汰のフィールドは寒い朝でした。冬の小鳥類は相変われず少ないですね。先日観察した近くで再びアメリカヒドリ雄を見ました。しかしよく見ると特徴がちょっと違う様子でどうも別個体のようです。この付近では2個体が越冬中のようです。

少し寂しいマイフィールドですが、カモ達は美しい姿を見せてくれています。

アメリカヒドリ
アメリカヒドリ
アメリカヒドリ
アメリカヒドリ

ミコアイサ
ミコアイサ
ダイサギ
ダイサギ

コガモ
コガモ
モズ
モズ

0 コメント

フィールドノート1402

今日は毎年恒例の琵琶湖ガンカモ調査を実施してきました。私の担当区域では今年もカモの姿は疎らで、一昔前のうんざりするようなカモの群れにはなかなかお目にかかれなくなりまた。特筆するような観察は無かったのですが、アメリカヒドリ雄を1羽確認、しかし喉から首の感じが典型的ではないような気がします。こんなタイプも雑種とされてしまうのでしょうかね?

アメリカヒドリ
アメリカヒドリ
アメリカヒドリ
アメリカヒドリ

イソシギ
イソシギ
イソシギ
イソシギ

0 コメント

フィールドノート1401

みなさま、新年明けましておめでとうございます。本年も当サイトを宜しくお願い致します。

 さて、本日新年一回目のフィールド巡りをしてきました。年が変わったと言っても相変わらず小鳥達の姿はあまり見かける事が出来ませんでしたが、シメやツグミなど少し増えてきたように感じました。

 その他、いつもの池では久しぶりにアメリカコガモを観察できました。おそらくこの個体、10年くらい前からこの地に飛来していると思うのですが、探すのは至難の業でなかなか見つけ出す事が出来ません。多分数年ぶりの観察だと思います。

(アメリカ)コガモ
(アメリカ)コガモ
(アメリカ)コガモ
(アメリカ)コガモ

イソシギ
イソシギ
ビンズイ
ビンズイ

モズ
モズ
コゲラ
コゲラ

1 コメント

フィールドノート1324

昨日、今日と日本ワイルドライフアート協会の友人を招いて湖北を探索してきました。昨日は湖西から湖北の山を回ってイスカやアオシギを探しました。天候も良く気持ちの良い一日でした。本日は朝からの雨模様でしたので、ゆっくり宿を出発、オオワシやサカツラガンを見てから車で田んぼを散策しました。すると、悪天候で観察者が少ないのが幸いしたのか、猛禽類が警戒心も無くゆっくり観察できたり、マガンが間近で採餌していたりと思いのほか成果がありました。オマケに湖北ではなかなか観察する機会が無いコミミズクまで現れて友人にも満足してもらえました。久しぶりに二日間もゆっくり時間をとって鳥見の出来た楽しい時間でした。

イスカ
イスカ
マガン
マガン

コハクチョウ
コハクチョウ
オオワシ
オオワシ

チュウヒ
チュウヒ
コミミズク
コミミズク

ハヤブサ
ハヤブサ
コチョウゲンボウ
コチョウゲンボウ

0 コメント

フィールドノート1323

マイフィールドのアオシギを確認しに行ってきました。もうかれこれ10年近くこの地に越冬に訪れています。今日はいきなり鉢合わせして、ちょっと驚かせてしまいましたが、今年も確認する事が出来て一安心しました。

その他、最近観察した鳥達です。

アオシギ
アオシギ
アオシギ
アオシギ

ウミアイサ
ウミアイサ
ウミアイサ
ウミアイサ

カワアイサ
カワアイサ
ノスリ
ノスリ

0 コメント

フィールドノート 1322

今日は午後から近所の公園を散歩していました。池にいるカモ達を何気なく見ていたらその中にシマアジが混ざっていました。餌取りに夢中なのか、こちらを気にする気配もなく、気が付くと足下まで来て採餌していました。

シマアジは滋賀県内では春秋の渡りの時期にそれほど珍しい鳥ではありませんが、これほど間近で観察した事は今までになく、ラッキーな体験でした。

シマアジ
シマアジ
シマアジ
シマアジ

シマアジ
シマアジ
シマアジ
シマアジ

0 コメント

フィールドノート1321

今朝、子供を保育園へ送迎する帰りにオオタカの採餌シーンに偶然遭遇しました。行きには居なかったので、狩りたての獲物(コサギ?)のようでした。雨の中、周りに居るトビを牽制しつつも、お腹いっぱい食べて颯爽と飛び去って行きました。

オオタカ 成鳥
オオタカ 成鳥
オオタカ 成鳥
オオタカ 成鳥

オオタカ 成鳥
オオタカ 成鳥
オオタカ 成鳥
オオタカ 成鳥

0 コメント

フィールドノート1320

本日2回目のタカ渡り調査を実施して来ました。好天のせいか高空を飛ぶものが多く、また飛来方向がまちまちでカウントには苦労しましたが、多くのサシバの渡りを見送る事ができました。さらに幸運な事に暗色型を見る事ができました。

サシバ(暗色型)雌?成鳥
サシバ(暗色型)雌?成鳥
サシバ
サシバ

サシバ
サシバ
サシバ
サシバ

0 コメント

フィールドノート1319

今日は今シーズン1回目のタカ渡り調査を実施しました。今期はなかなか行く時間がとれなかったのですが、ようやく山に上がる事が出来ました。数はさほど多くはなかったのですが、低空を飛ぶものが多く、今シーズン最初のタカ渡りを十分に楽しむ事が出来ました。

サシバ 成鳥
サシバ 成鳥
サシバ 幼鳥
サシバ 幼鳥

ハチクマ 雄成鳥
ハチクマ 雄成鳥
ノスリ 成鳥
ノスリ 成鳥

ツミ 雌成鳥
ツミ 雌成鳥
オオタカ 幼鳥
オオタカ 幼鳥

サシバ 雄?成鳥
サシバ 雄?成鳥
サシバ 幼鳥 
サシバ 幼鳥 

0 コメント

フィールドノート1318

 昨日、一昨日と台風後のフィールドの状況を見に行って来ました。琵琶湖は未だかつて見たことが無いほど水位が上昇していて驚きました。琵琶湖岸のマイフィールドはすっかり水没している状況で近づけませんが、周辺の苅り終わった潅水した田んぼではトウネンが見られました。

 公園は倒木や落枝があるものの被害は少なく、オオルリなど通過の小鳥達で賑やかでした。

 渡りシーズンも本番ですが、水鳥達への影響が気になるところです。

トウネン
トウネン
キビタキ
キビタキ

オオルリ 雄若
オオルリ 雄若
コサメビタキ
コサメビタキ

琵琶湖
琵琶湖
琵琶湖
琵琶湖

0 コメント

フィールドノート 1317

出かける前にちょっとフィールドを散歩して来ました。アジサシの中にクロハラアジサシが1羽いました。最近は定番になりつつありますが、今年も訪れてくれました。

クロハラアジサシ
クロハラアジサシ
クロハラアジサシ
クロハラアジサシ

アジサシ
アジサシ
ユリカモメ
ユリカモメ

0 コメント

フィールドノート1316

ユリカモメの大群と共に今年も琵琶湖にアジサシが訪れました。まだ数は少ないですが、これから増えてくるでしょう。

アジサシ
アジサシ
アジサシ
アジサシ

ユリカモメ
ユリカモメ
ユリカモメ
ユリカモメ

0 コメント

フィールドノート1315

お昼にフィールドを散歩してきました。昨日の雨の影響で川の河口は濁流になっていましたが、ウミネコがチラホラと見られました。全国どこでも見られる種だと思うのですが、海の無い滋賀県では以外と見る機会が無い鳥です。毎年夏から秋にかけては時々見られる事があるのですが、天候が荒れた時の確率が高いように思います。

田んぼではトビの幼鳥と出会いました。よく見るとなかなかキレイです・

ウミネコ
ウミネコ
ウミネコ
ウミネコ

ウミネコ(幼鳥)
ウミネコ(幼鳥)
トビ(幼鳥)
トビ(幼鳥)

0 コメント

フィールドノート1314

散歩がてら近所の川をウロウロしていましたが、河口でトウネンの夏羽1羽を観察する事ができました。シギ、チドリ類の渡りは始まっているようですね。早くも秋を感じる事が出来た一日でした。

トウネン 夏羽
トウネン 夏羽
トウネン 夏羽
トウネン 夏羽

0 コメント

フィールドノート1313

久しぶりに時間が取れたので、マイフィールドのサシバを見てきました。今季初の観察でしたので順調に繁殖しているかずっと気がかりでしたが、一カ所でヒナ3羽の姿を見る事が出来ました。

少し驚かせてしまいましたが、一年ぶりに可愛い姿が見られて良い一日でした。

サシバ(ヒナ)
サシバ(ヒナ)
サシバ(ヒナ)
サシバ(ヒナ)

0 コメント

フィールドノート 1312

今日はマイフィールドでムギマキの囀りを聞く事が出来ました。湖北地域では例年通過しているようです。数年前からその特徴のある囀りで存在が分かるようになり、声を頼りに探してみると割と定期的に何個体かが飛来している事がわかりました。

今年は少し早い訪れののように感じますが、良い歌声を聴かせてくれました。

ムギマキ
ムギマキ
ムギマキ
ムギマキ

コサメビタキ
コサメビタキ
マヒワ
マヒワ

タカブシギ
タカブシギ
ムナグロ
ムナグロ

0 コメント

フィールドノート1311

今日は午前中時間を取ってゆっくりフィールドを歩いてきました。肌寒い冬のような天候の中、夏鳥の訪れは少々遅れ気味のようです。それでもノジコ、キビタキは元気に飛び回り、エゾムシクイ、センダイムシクイなどの囀りが聞かれました。川の河口では羽を休めるオグロシギの姿や、オオヨシキリを今期初認する事ができました。

ノジコ
ノジコ
キビタキ
キビタキ

アカハラ
アカハラ
モズ
モズ

オオヨシキリ
オオヨシキリ
オグロシギ
オグロシギ

0 コメント

フィールドノート1310

セイタカシギ(2個体目)を観察しました。

今日は三重県で調査だったので、帰り道県南部の方へ足をのばしましたが、こちらにも居ました。

 

セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ

タカブシギ
タカブシギ
チュウシャクシギ
チュウシャクシギ

0 コメント

フィールドノート1309

今日も帰り道にマイフィールドでシギを見ました。コアオアシシギを久しぶりに見ました。フィールド周辺の田んぼは湛水され始めています。シギ類も種類が増え始めました。

コアオアシシギ
コアオアシシギ
コアオアシシギ
コアオアシシギ

ムナグロ
ムナグロ
タシギ
タシギ

0 コメント

フィールドノート1308

ここ数日、日帰りの調査業務のため帰り道に少しだけフィールドを探索しています。日没までの僅かな時間ですが、クロツグミなど夏鳥に出会えたり、アオジが囀っていたりと、楽しい時間を過ごしています。今日は思いがけずセイタカシギを見つけました。関西ではまだまだ出会う機会は多くない鳥ですので、日暮れまでのんびり観察しました。

セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ

セイタカシギ
セイタカシギ
チュウシャクシギ
チュウシャクシギ

クロツグミ ♀
クロツグミ ♀
アオジ(囀り)
アオジ(囀り)

0 コメント

フィールドノート1307

今日は豊田グループ展の搬入が早く終わったので帰り道にフィールドに寄ってきましたが、自宅近くの水田でホウロクシギを見る事が出来ました。今年もシギの渡りの季節となりました。毎年のことですが、出会えると嬉しくなります。

ホウロクシギ
ホウロクシギ
ホウロクシギ
ホウロクシギ

ホウロクシギ
ホウロクシギ
ホウロクシギ 飛翔
ホウロクシギ 飛翔

0 コメント

フィールドノート1306

年度の区切り目、少し時間が取れたのでフィールドに出てみました。夏鳥の飛来にはさすがにまだ早い様子でしたが、今日はクイナが間近で見られました。しかし、いつもの事ながらなかなか草むらから姿を現しません。粘ってなんとか姿は見れましたが画像はこんなものでした。 

コゲラ
コゲラ
アカゲラ
アカゲラ

クイナ
クイナ
トビ
トビ

0 コメント

フィールドノート1305

今日は仕事帰りに夕暮れのフィールドを歩いてきました。だいぶ日が長くなりましたね。

アカゲラ
アカゲラ
ミヤマホオジロ ♀
ミヤマホオジロ ♀

ユリカモメ、カモメ
ユリカモメ、カモメ
カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ

0 コメント

フィールドノート1304

散歩中、雪の上に一本の線がありました。何かと思って辿ってみると、なんとシマヘビの足(?)跡でした。この寒空に目覚めてしまい徘徊していたようです。すっかり体が冷えてしまったようで、あまり動けない様子でしたが、こちらに気づくと一応威嚇のポーズをしていました。

 その他先日、県南部に行く用事があったので、久しぶりにかつてのマイフィールドをさまよってきました。

雪の中の一本線をたどってみると
雪の中の一本線をたどってみると
なんとシマヘビの足跡
なんとシマヘビの足跡

こちらに気づいて威嚇のポーズ
こちらに気づいて威嚇のポーズ
コクマルガラス
コクマルガラス

チュウヒ ♂成
チュウヒ ♂成
チュウヒ 幼鳥
チュウヒ 幼鳥

オオタカ ♀成
オオタカ ♀成
ハチジョウツグミ
ハチジョウツグミ

0 コメント

フィールドノート1303

業務が立て込んできてフィールドに出られない日々が続いておりますが、今日午前中歩いてきました。雪の影響で一旦少なくなったように感じていた小鳥達も大分賑わってきました。ツグミ類は例年並みのようです。トラツグミは多く、マイフィールドには4個体くらいいるみたいです。

田んぼでは運良くコチョウゲンボウ2個体と巡り会えました。

コチョウゲンボウ ♂成
コチョウゲンボウ ♂成
コチョウゲンボウ
コチョウゲンボウ

トラツグミ
トラツグミ
シロハラ ♀ 第一回冬
シロハラ ♀ 第一回冬

カシラダカ
カシラダカ
ミヤマホオジロ ♀
ミヤマホオジロ ♀

ベニマシコ ♂
ベニマシコ ♂
ベニマシコ ♀
ベニマシコ ♀

0 コメント

フィールドノート 1302

今日は琵琶湖のガンカモ類調査を実施してきました。本来は来週なのですが、仕事の都合で毎年この時期に実施しています。到着してすぐアカエリカイツブリを確認。以前も同じ場所で観察しています。近くで観察出来たのですが、調査中につき撮影出来ず。画像は一昨年のものです。

調査を終えていつもの公園を散策していたところ思いがけずトラフズクと遭遇しました。寝ているようで、こちらを気にす様子もありません。日が暮れるまでのんびり観察できました。

アカエリカイツブリ(2011年撮影)
アカエリカイツブリ(2011年撮影)
ミコアイサ ♂
ミコアイサ ♂

カワアイサ ♂
カワアイサ ♂
ヨシガモ ♂
ヨシガモ ♂

トラフズク
トラフズク
トラフズク
トラフズク

0 コメント

フィールドノート1301

皆様、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年よりマイフィールド詣でをして参りました。近所の公園、川の河口、田んぼは冬鳥で賑わっておりました。

本年もここ湖北をフィールドに新しい鳥達との出会いを楽しんできたいと思います。

アカゲラ ♀
アカゲラ ♀
イカル
イカル

ホオジロ ♀
ホオジロ ♀
コゲラ
コゲラ

エナガ
エナガ
ビンズイ
ビンズイ

ハヤブサ 成♂
ハヤブサ 成♂
オオワシ 成♀
オオワシ 成♀

0 コメント

フィールドノート21

昨日、地元では初積雪となりました。今日も雪は降っていましたが、フィールドを廻って来ました。雪の中を佇む鳥達の姿が美しかったです。

カワセミ
カワセミ
カシラダカ
カシラダカ

トビ
トビ
タゲリ
タゲリ

ハクセキレイ
ハクセキレイ
コハクチョウ
コハクチョウ

ホオアカ
ホオアカ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ

0 コメント

フィールドノート20

今日はウォーキングへ行く道程で、猛禽類をよく見かけました。特にノスリは多く、電柱ごとに止まっていたり、地面で夢中になって虫を食べていたりとゆっくりと観察する事ができました。

ハイタカ ♀成
ハイタカ ♀成
ノスリ 幼鳥
ノスリ 幼鳥

ノスリ
ノスリ
ノスリ
ノスリ

0 コメント

フィールドノート19

 今日は近所の公園でいつものようにウォーキングをしていると空から何かが降って来ました。見ると2羽のキクイタダキが地面に、けんかしながら揉み合って梢から落ちて来た様子です。しばらく地面に佇んだのちに枝伝いに梢へ戻り始めた2羽、よく見ると1羽が、頭長の黄色をむき出しにして片方に見せつけるようにしています。怒るとこんなことするのしょうか?それとも元々黄色の幅の大きい個体なのか?初めて見ました。

 キクイタダキは湖岸で目にする機会は少ないのですが、今年は良く見かけます。多く飛来して来ているようですね。

キクイタダキ ♀
キクイタダキ ♀
キクイタダキ 下の個体が上の個体に頭長を見せつけるようにしています
キクイタダキ 下の個体が上の個体に頭長を見せつけるようにしています

キクイタダキ ♀
キクイタダキ ♀
キクイタダキ ♀
キクイタダキ ♀

0 コメント

フィールドノート18

11月に入ってから自宅にこもっている時間が多かったのですが、今日は2週間ぶりにフィールドに出てみました。近所の公園では、ヒガラの群に湖岸では珍しいキクイタダキが混ざっていたり、ツグミ、ルリビタキも随分増えていたりと、すっかり冬鳥の賑わいとなっていました。また公園では今年初のウソやベニマシコも見られました。

キクイタダキ
キクイタダキ
カシラダカ
カシラダカ

ルリビタキ
ルリビタキ
ジョウビタキ
ジョウビタキ

2 コメント

フィールドノート17

今日はマイフィールドで思いがけずキツネと遭遇しました。いつもの公園でウォーキングの後、時間に余裕があったので付近の田んぼを歩いている時、セイタカアワダチソウの草むらでバッタリはち合わせです。最初向こうも何が起こったのか理解していない様子でしばらくは睨めっこ、その距離数メートル。こちらもしばし見入ってしまいましたが、我に返ってレンズを向けると近すぎて顔しか入りません。

やがてキツネ君は事の次第を飲み込んだようで、一目散に逃げていきました。

さて、肝心の鳥の方は新たにクロジ、アカハラ、アオジ、オオジュリン、カシラダカなど加わり、いっそう賑やかになっています。

ホンドギツネ(ん.....)
ホンドギツネ(ん.....)
ホンドギツネ(びっくりした〜)
ホンドギツネ(びっくりした〜)

コハクチョウ
コハクチョウ
ノビタキ
ノビタキ

ツツドリ(幼羽から激しく換羽中)
ツツドリ(幼羽から激しく換羽中)
クロジ ♀
クロジ ♀

マミチャジナイ ♂成(ようやくのベストショット)
マミチャジナイ ♂成(ようやくのベストショット)
アカハラ(マミチャと思いきや)
アカハラ(マミチャと思いきや)

0 コメント

フィールドノート16

マイフィールで本日、ツグミ初認です。各地から初認の知らせが続々と入っておりましたが、ようやく湖北でもと言う所でしょうか。マイフィールドですが、今年はツグミ類が多く見られます。クロツグミに代わって今はシロハラが優先してきていますが、中にまだマミチャジナイの残党がチラホラと見られまています。

しばらくは冬のツグミ類をゆっくり観察しようと思っています。

ツグミ
ツグミ
マミチャジナイ(今季一番マシな画像)
マミチャジナイ(今季一番マシな画像)

0 コメント

フィールドノート15

マイフィールドが賑やかになって来ました。近所の公園ではマヒワやアトリの小群が見られるようになりました。山の鳥達も続々と里に降りて来ている様子です。今冬のマイフィールドは小鳥達で賑わいそうです。

マヒワ
マヒワ
ニュウナイスズメ
ニュウナイスズメ

アカゲラ
アカゲラ
ヒガラ
ヒガラ

0 コメント

フィールドノート14

 近所の公園で今季ジョウビタキ初認です。4日にはシロハラも初認しています。今年は冬鳥の動きが早そうですね。そんな事もあり、今日は時間に余裕があったので冬の小鳥を探しに山へ上がってきました。しかし、期待とはウラハラで山は静かなものでした。辛うじて遠方のアトリとマヒワの声を確認(これも今季初認)。

 帰りは麓の池でヨシゴイを観察しました。♀成1、幼鳥3羽います。

ジョウビタキ ♀
ジョウビタキ ♀
マミチャジナイ(今日もこんな画像しか撮れませんでした)
マミチャジナイ(今日もこんな画像しか撮れませんでした)

ヨシゴイ juv
ヨシゴイ juv
ヨシゴイ ♀ad
ヨシゴイ ♀ad

0 コメント

フィールドノート13

 このところ、仕事が忙しくないときは毎朝のウォーキングを日課としています。今日、ちょっと久しぶりに近所の公園と川の河口へ行きました。沢山いたサメビタキ類は数少なくなっていましたが、キビタキはまだ良く見られます。ツグミ類はシロハラが多くなり、マミチャジナイがちらほら、クロツグミもまだまだいまいした。通過の夏鳥に混ざって、冬鳥が見られ始めて来ました。

 ここ数日間に出会った鳥達を紹介しておきます。

 

キビタキ ♂(2012/10/12)
キビタキ ♂(2012/10/12)
サメビタキ(2012/10/04)
サメビタキ(2012/10/04)

アオゲラ ♂(2012/10/12)
アオゲラ ♂(2012/10/12)
ツツドリ(2012/10/04)
ツツドリ(2012/10/04)

クイナ(2012/10/12)
クイナ(2012/10/12)
ビンズイ(2012/10/04)
ビンズイ(2012/10/04)

クロツグミ ♀1w(2012/10/12)
クロツグミ ♀1w(2012/10/12)
シロハラ ♀?1w(2012/10/04))
シロハラ ♀?1w(2012/10/04))

0 コメント

フィールドノート12

ここの所ほぼ日課となっているウォーキングがてら、近所の公園で鳥見しています。タ沢山いたヒタキ類は少し減ったような気がしますが、ツグミ類が色々と見られるようになってきました。

クロツグミは相変わらずですが、今日はその中にマミチャジナイとトラツグミがいました。マミチャはちょっと久しぶりに見た気がします。トラツグミも越冬期には普通ですが、こうして渡り途中の個体に出会うと、ちょっと嬉しい気分になります。

マミチャジナイ(こんな画像しか撮れませんでした。肝心な所が写っていません。)
マミチャジナイ(こんな画像しか撮れませんでした。肝心な所が写っていません。)
マミチャジナイ(左の画像だけではあまりにも寂しいので、一昨年に撮った画像を添付します。)
マミチャジナイ(左の画像だけではあまりにも寂しいので、一昨年に撮った画像を添付します。)

クロツグミ ♀
クロツグミ ♀
トラツグミ
トラツグミ

2 コメント

フィールドノート11

今日は仕事の合間にウォーキングがてら近所の公園に行って来ました。台風通過後の曇天という事もあって、予想通りに公園は多くののヒタキ類で賑やかでした。沢山いるコサメビタキとエゾビタキを一羽づつ見ていると、サメビタキが一羽混ざっていました。滋賀県内では特に珍しい鳥ではありませんが、コサメ、エゾと比較すると見る機会はずっと少ないので、見られるとちょっと嬉しくなります。

ヒタキ類と同様、今日はクロツグミも多く渡っていたようですが、こちらは警戒心が強く、なかなか姿を見せてはくれませんでした。

サメビタキ 1w
サメビタキ 1w
エゾビタキ 1w
エゾビタキ 1w

コサメビタキ 1w
コサメビタキ 1w
キビタキ 1w
キビタキ 1w

オオルリ ♂ 1w
オオルリ ♂ 1w
クロツグミ ♂ 1w
クロツグミ ♂ 1w

0 コメント

フィールドノート10

本日、地元で2回目のタカ渡り調査を実施して来ました。朝から好天で途切れる事無く渡って来ましたが、ルートがやや分散し、低空で遠方のものが多くカウントには苦労しました。

近畿での内陸のサシバのピークは過ぎてしまったようですが、久しぶりに三桁のカタ渡りを楽しむ事が出来ました。

 

調査日:2012年9月28日 6:30〜17:30

調査地:滋賀県米原市西坂周辺

確認種:サシバ413、ハチクマ77、ノスリ18、ミサゴ2、オオタカ1、ツミ1 計512

 

サシバ(幼鳥)
サシバ(幼鳥)
ノスリ
ノスリ

ハチクマ(雄 成鳥)
ハチクマ(雄 成鳥)
ハチクマ(雄 成鳥)
ハチクマ(雄 成鳥)

0 コメント

フィールドノート09

昨日は信州で大きな波があったようなので、本日地元で今シーズン第一回目のタカ渡り調査を実施してきました。しかし、残念な事に午前中は雨模様。午後はゆっくりと回復に向かったもののあまり大きな成果を上げる事は出来ませんでした。

今日面白かったのは11:20頃、雨上がりに200羽程の大きな群れを確認し、来たか!と思いプロミナーを覗き込んだところ、全てハリオアマツバメでした(笑)。でも、こんな群に出会えるのもタカ渡り調査ならではの楽しみですね。

明日は近畿にサシバの大きな波が来る事と思います(私は仕事でフィールドには出られませんが....)。

 

調査日:2012年9月23日 8:00〜17:00

調査地:滋賀県米原市西坂周辺

確認種:サシバ40、ハチクマ2、ノスリ1、ミサゴ2 計45

 

ハリオアマツバメ(群)
ハリオアマツバメ(群)
ミサゴ
ミサゴ

サシバ
サシバ
ハチクマ
ハチクマ

0 コメント

フィールドノート08

今日も雨の中近所の川の河口へ行きました。クロハラアジサシ類が増えていていました。クロハラ10±ハジロクロハラ5±程がアジサシの群に混ざって飛んだり止ったりしていました。中に夏羽の残る個体もいて、色々なバリエーションの羽衣を観察する事ができました。時間の経つのも忘れて見入ってしまう程楽しみました。

ハジロクロハラ 1s〜2w?
ハジロクロハラ 1s〜2w?
ハジロクロハラ 1s〜2w?(左と同一個体)
ハジロクロハラ 1s〜2w?(左と同一個体)

ハジロクロハラ Ad w
ハジロクロハラ Ad w
ハジロクロハラ Ad w
ハジロクロハラ Ad w

ハジロクロハラ Ad w(右上と同一個体)
ハジロクロハラ Ad w(右上と同一個体)
ハジロクロハラ Juv
ハジロクロハラ Juv

クロハラアジサシ Ad s
クロハラアジサシ Ad s
クロハラアジサシ Ad s(左と同一個体)
クロハラアジサシ Ad s(左と同一個体)

クロハラアジサシ Ad s〜w
クロハラアジサシ Ad s〜w
クロハラアジサシ Ad s〜w
クロハラアジサシ Ad s〜w

クロハラアジサシ Juv
クロハラアジサシ Juv
クロハラアジサシ Juv〜1w
クロハラアジサシ Juv〜1w

0 コメント

フィールドノート07

今日も近所の川へアジサシ見物に行きました。アジサシ数十の中にクロハラアジサシ類が3羽程確認出来ましたが、よく見るとそのうちの1羽はハジロクロハラアジサシ幼鳥のようでした。

琵琶湖沿岸ではクロハラアジサシは時折観察されますが、ハジロクロハラアジサシは記録が少なく、稀な鳥です。

ハジロクロハラアジサシ(幼)
ハジロクロハラアジサシ(幼)
ハジロクロハラアジサシ(幼)
ハジロクロハラアジサシ(幼)

ハジロクロハラアジサシ(幼)
ハジロクロハラアジサシ(幼)
ハジロクロハラアジサシ(幼)
ハジロクロハラアジサシ(幼)

ハジロクロハラアジサシ(幼)
ハジロクロハラアジサシ(幼)
ハジロクロハラアジサシ(幼)
ハジロクロハラアジサシ(幼)

クロハラアジサシ(成冬)
クロハラアジサシ(成冬)
クロハラアジサシ(成冬)
クロハラアジサシ(成冬)

クロハラアジサシ(成冬)
クロハラアジサシ(成冬)
クロハラアジサシ(別個体成冬)
クロハラアジサシ(別個体成冬)

0 コメント

フィールドノート06

近所の川の河口がアジサシで賑わっていました。琵琶湖沿岸ではこの時期になると数はそれほど多くはありませんが、アジサシが飛来します。8日にはクロアハラアジサシ類も混ざっていましたが、本日はアジサシのみでした。

その他、河原にはメガネサナエが数頭いました。

アジサシ
アジサシ
アジサシ
アジサシ

メガネサナエ
メガネサナエ

0 コメント

フィールドノート05

久しぶりにフィールドに出ました。すっかり夏も終わりにさしかかっていますね。

近所の川の河口には早くもユリカモメの小群が訪れていましたが、その群の中をよく見るとアジサシが何羽か混ざっていました。

これから渡りのシーズンが本格化しますね。

ユリカモメ
ユリカモメ
ユリカモメ、アジサシ
ユリカモメ、アジサシ

ユリカモメ、アジサシ
ユリカモメ、アジサシ
アジサシ
アジサシ

1 コメント

フィールドノート04

午前中フィールドをウォーキングしてきました。まず、河川敷の緑地でムギマキ♂若1のさえずりを観察。マイフィールドでは毎年この時期になると複数個体が飛来し、良い歌声を聴かせてくれます。今年も聞くとこができました。その他、河川敷ではアオアシシギ11、キアシシギ1など観察。

その後、近所の公園に寄りましたがコルリ♂1、エゾムシクイ、センダイムシクイ、コサメビタキ、キビタキ沢山など夏鳥で賑やかになっていました。キビタキを追って空に目をやると、ハチクマ♂成1が旋回して東へ飛んで行きました。ゴールデンウィークを家で燻っていた私にとってハチクマは今期初の観察です。賑やかなマイフィールドでした。

追伸、今日はカメラを自宅に忘れてしまい、画像はありません(涙)。

0 コメント

フィールドノート03

夏鳥を求めて午前中フィールドに出ました。公園でノゴマを観察したものの、夏鳥の姿ははほとんど無く静かなフィールドでした。雨上がりということもあり、人影も疎らで、身近な鳥達をのんびりと楽しんできました。

アオバト
アオバト
アオバト
アオバト

アオジ
アオジ
アオジ
アオジ

0 コメント

フィールドノート02

今日は業務が早く切り上がったので、夏鳥を求め久しぶりにフィールドに出て歩き回りました。夕方ということもあり鳥影は疎らでしたが、梢でセンダイムシクイやエゾムシクイの囀りを聞いたり、オオルリやコサメビタキに出会ったりと、つかの間の夏鳥探しを楽しんできました。

コサメビタキ
コサメビタキ
オオルリ(♀)
オオルリ(♀)

0 コメント

グループ展報告

4月5〜11日まで名古屋、ギャラリーチカシンにて「自然と生きものを描く6人展」が開催されました。今回は日本ワイルドライフアート協会会長である内藤貞夫氏と同会員の越山洋三氏をゲストに向かえバラエティーに富む展示となりました。会期中は合わせて718名の方にご来場頂きました。

ご来場頂きました皆様、ありがとうございました。



0 コメント

久しぶりのフィールド

年明けからほとんどフィールドに出る時間が取れなかったのですが、久しぶりにマイフィールドを回ってきました。ここ数日の雪が積もって、北部は益々小鳥類が少なくなった印象でしたが、数少ない雪解けの地面にセキレイ類やカワラヒワ、カラ類が集まっていました。今冬、マイフィールドではツグミ類やアトリ、ホオジロ類にはあまり出会えていません。

ヒシクイ
ヒシクイ
シジュウカラ
シジュウカラ

セグロセキレイ
セグロセキレイ
ビンズイ
ビンズイ

2 コメント